MENU

日本の闇を見てみよう『売春島「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ』

高木瑞穂氏の『売春島「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ』を読んだので紹介したいと思います。

三重県の的矢湾に浮かぶ小さな島「渡鹿野島」、通称「売春島」の成り立ちや、現在の様子を追ったルポです。

目次

東海地方のおっさんなら一度は聞いたことがある島

私は愛知県に住んでいるのですが、三重県に「売春島」と呼ばれている島があることは、東海地方に住んでいる人なら多くの人が聞いたことがあると思います。

20年ぐらい前にこの島の存在を聞いたのですが、やはりヤクザに売り飛ばされた女の子がいるとかの噂はありました。

当時はあまり興味がなかったので行くことはなかったのですが、今思えば賑わっているときに行って雰囲気だけでも味わっておけばな〜とちょっと残念な気持ちもあります。

昔はこんな所が各地にあったみたい

今ではあまり考えられないかもしれませんが、当時は社員旅行などの団体旅行が多かったため、性風俗が売りの観光地が全国各地にありました。

東海地方だと、上山田温泉上諏訪温泉などが有名でした。

愛知県でも温泉街で、ピンクコンパニオンを呼んだなんて話もたくさん聞きました。

ただ、そんな中でもこの「売春島」はかなり特殊だったようです。

一般社会とは隔離された小さな離島が、「女」とそれを求める「男」でひしめき合っていたのですから、ある意味島全体が『夢の国』だったのかもしれません。

小さな島の「光と闇」

渡鹿野島は、かつては帆船を風が吹くまで停留させておく「風待ち島」だったそうです。

そんな田舎の離島が、どの様に「売春島」となっていったのでしょう。

女の子を売ったヤクザや置屋の経営者など関係者のインタビューを元に、「売春島」の成り立ちから全盛期の様子、そして島が廃れていくまでをリアルに書いています。

元警察官の「芥川」が転落し、女帝と言われる「岡田雅子」と共に帝国を築き崩壊していく様は、まるで昼ドラのようです。

文庫版のあとがきには、単行本では書かれていなかった事件屋の「Y藤」のその後までも書かれています。

渡鹿野島の今

今、渡鹿野島は黒い歴史から脱却しようと、方向転換を図っているようですが、一度付いた「売春島」のイメージを払拭するのはかなり難しいのではないでしょうか。

You Tubeでも最近の渡鹿野島の様子を見ることが出来ます。

動画を見る限りメインストリートに建つホテルや、かつて賑やかだったであろうスナックの多くが廃墟化しているみたいですね。

一部のホテルがファミリー層を取り込もうと頑張っているものの、すぐ近くに廃墟ホテルが残っている状態は厳しすぎます。私でも三重県に家族旅行で行くなら、志摩とか鳥羽に行きますもん。

廃墟となったホテルを取り壊すにもいろいろ事情があるらしく、そこら辺の債権者と行政の軋轢みたいなところも本書では触れられています。

まとめ

なんと今でも、生き延びている置屋もあるようです。

おそらく「売春島」を体感できるのはあと数年で、あとはひっそりと滅んで行くのではないでしょうか。

気になる人は本書を手にとって、渡鹿野島に行ってみてはいかがでしょう。

名古屋からおよそ2時間。案外近いですよ。

おしまい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません。(スパム対策)

目次
閉じる