MacBookAirを買いました

mac
この記事は約5分で読めます。
PR

子供にiPadを奪われた

半年ほど前に自宅や出張時に動画視聴などで活躍していた、iPadを子供に奪われてしまいました。
すぐに海外出張に行くことが決まっていたので、またiPadを買おうかなっと考えていました。
しかし、当時ははてなブログで別のブログを書いていたのですが、iPadでブログを書くとリンクを張ったりするのが結構めんどくさく、どうせならPCの方がいいなーと思い新調することに。

あたらしいPCに求める条件は次の通り

  • 目的はブログを書いたり、YouTubeの視聴が主。
  • Pythonプログラムが出来る。
  • 軽くて持ち運びが楽
  • バッテリーの持ちが良い

以上です。

Windowsでも良かったのですが、元アップル信者のためAppleStore栄に行きます。
昔はMacを使っていたんですが、Windowsに比べ少し高いじゃないですか。
仕事でExcelやPowerPointを使っていて、家でも作業をしたかったのもあり、WindowsPCを使っていたのですが、今回は久しぶりにMacを買おうと思います。

アップルストアーに行ってみた

アップルストアーに行くと、たくさんのMacやiPadなどが並んでいます。
MacBookコーナーに行って、店員さんにいろいろ相談します。
そこで言われたのは、上で上げた条件ならMacBook Airの方がおすすめ。
SSDは、最低容量の128GBは正直おすすめしない。最低でも256GBはあったほうが良い。
MacBook Airでも動画編集は出来ないわけではないけど、少々時間がかかる。
とのこと。

考えた結果、モデルチェンジしたばかりのMacBook Air256GB、色はスペースグレイ、USAキーボードに決めました。
USAキーボードにしたのは単に私の好みです。
さすがアップルストアー、ちゃんと在庫があるのは素晴らしいですね。

約10年ぶりのMac

およそ10年ぶりに使うMac。
以前はiMacを、その前はPowerBookを使っていました。
その頃のOSはMacOS X Snow Leopardだったはずですが、新しいMacを触った感じはまったく違和感なく使うことが出来ました。
細かいところは色々違いますが、Windowsのようにメジャーバージョンアップすると見た目から何からガラッと変わってしまうという事が無いのは、とても良いことなのではないでしょうか。
そして、久しぶりにMacを使って思ったことは、やはり画面が美しい。
今回私が買ったモデルからMacBook AirもRetinaディスプレーになり、ただでさえWindowsよりキレイな画面がさらにキレイになりました。
とくに、フォントはWindowsのゲジゲジフォントと大違いで、Macに慣れてしまうとWindowsの画面を見るたびにゲンナリします。
特に小さい画面ですと、Windowsのフォントは潰れてしまい、拡大しないと読めないことがありますが、Macですと結構読むことが出来ます。

MacBookはトラックパッドが使いやすい

MacBookのトラックパッドは、ものすごく使いやすいです。
WindowsのノートPCを会社で使っていますが、トラックパッドが使いにくくマウス無しでは正直無理。
それが、Macのトラックパッドでは全く問題なく使いことが出来ます。
クリック操作がトラックパッドのどこでも出来るのが大きいのかな?
マウスがいらないと荷物が一つ減るので、持ち歩いたりする時に非常に楽です。
昔使っていたPowerBookの時は、マウスを使っていましたから細かい使い勝手も進化しているようです。

iPhoneとの連携が便利

以前使っていたときよりも、はるかにiPhoneとの連携が強力になっています。
iPhoneで取ったMacに写真を送るのもAirdropで簡単に送れますし、インターネット共有でテザリングも簡単。
ただ、iPhoneの画面レイアウトをituneで変更できなくなったのは少し残念です。

マカーならAlfredは入れているよね?

AppStoreに、以前使っていた頃のアプリがそのまま残っていたので、いろいろインストールしてみました。
特に優秀なのはAlfredというMac用のテキストランチャー。

Alfred - Productivity App for macOS
Alfred is a productivity application for macOS, which boosts your efficiency with hotkeys, keywords and text expansion. Search your Mac and the web, and control...

Alfredに変わるソフトが、なぜWindowsにはないのか不思議なくらいです。
詳しい機能はググってもらうとして、これを使うためにMacを買ってもいいぐらい多機能で便利です。

他にもこんなアプリを入れています

CotEditor:テキストエディター
Bear:マークダウンテキストエディター
MindNode6:マインドマップ
Skitch:画面キャプチャー
Karabiner:キーボードレイアウト変更
Magnet:ウィンドー整列
Clipy:クリップボード
VisualStudioCode:プログラミングエディター
iMageTools:画像サイズ変更

どれもMacでは定番のソフトです。
特にBearは有料ですがオススメです。
iPhoneアプリもあるので、ネットが使えればどこでも文章を書くことが出来ます。

SSD速すぎ

今まではHDDのPCしか使ったことがなかったのですが、今回始めてSSDになりました。
ものすごく起動時間が速くなりますね。
今さらながらちょっとびっくりです。
もう、今までのHDDには戻れません。

Macのデメリット

さて、そんなMacですが唯一と言っていいデメリットがあります。
それはやっぱり値段が高いということ。
今回私が買ったMacBookAirですが、延長保証のAppleCareを付けてお値段、約18万円。
WindowsPCで同じぐらいの性能であれば、10万を切るぐらいの価格からあるかと思います。
ただ、その価格差を差っ引いてもいいぐらいの魅力が、Apple製品にはあると思います。
Windowsより陳腐化しにくく、ライフサイクルも長いですしね。

やっぱりMacは良い

本当に美しく、見るたびにホレボレします。
思わずスタバでドヤ顔したくなるのも分かる気がします。
DellやLenovoやHPなどいろんなPCを使ってきましたが、やはりMacは特別ですね。
昔は、同じような立ち位置にSonyのVAIOがありましたが・・・
日本製品にも、かつての輝きを取り戻してもらいたいものです。

おしまい。

mac
PR
しいたけおをフォローする
愛知のへき地に住んでるおっさんのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました