パタゴニアに修理に出したパンツが帰ってきた

昨日、パタゴニアから一通のメールが来ました。

セールのメールかなと思って開いてみると、修理に出していたパンツが修理完了したので発送したよというメールでした。

そして、今日仕事から帰ってくるとパタゴニアから荷物が届いていました。

修理には2ヶ月ぐらいかかると聞いていたのですが、だいたい一月半ぐらいで戻ってきました。

修理に出したときの記事は↓

目次

さっそく開封

荷物を開封すると、パンツの他に納品書とシールが一枚入っていました。

シールの裏側はこんな感じ。

なんとなくパタゴニアらしいメッセージ付きです。

修理したところは?

右足サイド側のポケットの修理をしたのですが、修理する前はこんなんでした。

糸がほつれて穴がぱっくり開いていました。

確か車の鍵を入れていて、気がついた時は半分落ちそうになっていました。

確認したところしっかり縫われて穴が塞がれていました。

拡大するとこんな感じ。

末端はきちんと縫い返されて補強されていました。

これなら、まだまだガンガン使えそうです。

修理に出したときの記事にも書きましたが、修理代金は今回の場合無料でした。

ただし、家に郵送してもらったので、550円の送料がかかりました。

パタゴニアだけではなく、ノース・フェイスやファイントラックなどアウトドア系のメーカーなどでは、修理の受付をしているメーカーは結構あります。

気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょう。

おしまい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントに日本語が含まれない場合は表示できません。(スパム対策)

目次